卵がレシピにあればオムレツの練習をするチャンス

外側は薄い皮になっていてナイフを入れるととろとろの中身が顔を出す、そんなオムレツをきれいに作りたい。何としても作りたい。料理やっていてオムレツを作れるようになろうとしないというのはちょっと考えられないかも。

個人的な意見なので何言っているのかわからない人は無視してかまわないのだが、オムレツはやってみたいという意欲を掻き立てられる料理だと思う。作れるようになりたい。しかし、そのためには練習が必要だけれど、その機会はなかなかないという悩みがある。

使った卵をきちんと食べることを考えるとそう多くは作れない。そのへんは個人差や環境の差も多少はあるだろうけれどいくらでもというわけにはいかない。また、卵はすべてオムレツにするわけではないから――したければすればいいがほとんどの人はそこまでしないだろうから――なかなかチャンスがない。ではどうすればいいか。

この記事では、オムレツの魅力に言及しつつ、オムレツの練習をする機会をどのようにして増やしていけばいいのかについて述べる。

オムレツは誰もが挑戦したくなる料理!?

料理をする人ならやったことがない人はいないというほど誰もが挑戦するオムレツ。料理初心者って最初に卵料理するよね。あれは何なんだろ。といっても私の初料理(今年の2月)は卵料理ではなかったな。ただ少年時代には卵を割って目玉焼きを作ったりということがあったし、それはほとんどの人にあてはまることだと思う。なんだかんだいって実は最初の料理はやっぱり卵だったということも多いはず。

幼少から母親(父親など他の人の場合もある)の手伝いをしながら料理に親しんだ人なんかは他にも入口がいろいろあるのかな、なんてことは思う。はじめて料理の手伝いをしたタイミングなんかもあるだろうから。それでも自分の意思でこれやってみたいと初めて思ったのは卵を使った料理のときだったという人もいるかもしれない。というのはたとえば卵を割るという作業は料理に慣れてくると面倒なことかもしれないが、やったことがない人にとってはなんか興味深く、やってみたいと思うようなことだからだ。

そんな卵料理のなかでひときわ華やかな料理といえるのがオムレツではないだろうか。だから誰もが挑戦したくなる。いや、よく考えるとオムレツ…プレーンオムレツそれ自体が華やかな料理というのはおかしいかもしれないがまあそれは置いておこう。

中がとろとろのオムレツをつくるのはとても難しい。オムレツをきれいに作れるようになると料理の腕がかなり上達した気分になるのではないかと思っている。それも一つのオムレツに挑戦したくなる理由ではある。

オムレツへの関心のきっかけはタンポポオムライス!?

卵料理も時代とともに多少は流行というものがあるだろう。外側に薄い皮が形成され中がとろとろのオムレツなんかは近年はポピュラーになったものの昔それをやっている人はそうそういなかっただろう。最近のオムライスはこのタイプのオムレツが乗ったものが人気で、それによってオムレツへの興味の度合いはかなり高まったと思われる。

そのとろとろ玉子のオムレツについて調べたところ、『タンポポ』という映画で有名になったとされている。チキンライスの上にオムレツを乗せ切り開くとととろっとした中身が顔を出すタンポポオムライス(名称は後付け)という料理が劇中で登場している。この映画が公開されたのは1985年。私が思ったよりも昔だ。広く認知されたのはせいぜいここ10数年というところだと思っていた。

タンポポオムライス発案者は「オムライスはオム(卵)とライスに分かれているのに、卵とご飯を一緒にするのはおかしい」と言ったそうで……(参照元:タンポポ (映画) ? Wikipedia)。ということはそのオム=オムレツ自体はとろとろというのは珍しくはなかったのかな。

タンポポオムライスがオムレツへの興味を惹いたのだろう。オムレツという料理がたとえ中がとろとろであろうと、タンポポオムライスという料理が存在しなければそれがそこまで魅力的なものには感じなかったかもしれない。ライスの上に置かれたオムレツを切り開く瞬間であったりとろとろの玉子にソースが流れるあの様子を見たことがきっかけでオムレツへの関心が湧くのだと思う。そしてそうなれば、料理をする人なら作ってみたいと思うだろう。

オムライスのためじゃなくてもオムレツを作る

私はオムライスを作るつもりはなくてもオムレツの練習をする。オムライスを作れるようになろうということよりもオムレツを作れるようになりたいというのが強い。正直今はライスはどうでもいい。とはいうもののとろとろ玉子のオムライス、タンポポオムライスが世に出ていなければそう思うことはないだろう。いや、むしろあのオムライスがあるからこそ猛烈に、オムレツを作れるようになりたいと思うのかもしれない。

よくよく考えるとそのようなことがいえるかもしれない。それでも今はオムレツに夢中だ。ライスのことはいつの間にか忘れていた。おかしいかもしれないが、でも私と同じようなことをやっている人は少なくないと思う。

オムレツはおそらく卵料理の中で挑戦したいと思う料理1位じゃないかな。すべての料理の中で最も挑戦したい料理かもしれない。私は玉子焼きはほとんどやったことがないがオムレツは何度も挑戦した。完成形には程遠い失敗ばかりだが。

オムレツの練習をする機会がなかなかない

オムレツを作るにはレシピ通りというわけにはいかない。レシピには載っていないことが多い。知らないところで秘伝のレシピが出回っているということはあるかもしれないが。

まあいずれにせよオムレツは感覚がものを言う料理だと思う。だからうまく作れるようになるには練習あるのみだろう(作り方やコツを学びながら)。しかし練習する機会はなかなかない。

プロはさておき一般人であれば練習する機会は限られている。使った卵をきちんと食べることを考えるとそう多くは作れない。そのへんは個人差や環境の差も多少はあるだろうけれどいくらでもというわけにはいかない。また、卵はすべてオムレツにするわけではないから――したければすればいいがほとんどの人はそこまでしないだろうから――なかなかチャンスがない。

その機会も意識しないとなかなか訪れない。オムレツそのものはとくにおいしい料理というわけでもないから。だって材料は卵と塩とかそんなんだよ。普通の感覚で考えると、あまり味のない料理だ。だから特別食べたいとは思わない。

オムレツを作るのは食べたいからではなくほとんど練習目的だ。食べたいものだけを食べようと思えば作る機会はほとんどないだろう。それでもソースをかけたりすれば十分満足いくおいしさにはなるし、一食の栄養として計算してはいるから邪魔なものではないが。

オムレツを作りそれを料理に投入する!

意識しても限られているオムレツの練習をする機会。それでも工夫すれば少しは増やすことができる。

おすすめしたいのは作ったオムレツを料理に使うこと。最初にオムレツを焼き皿にあける。それから目的の料理を作り始めそのオムレツを終盤に投入、崩して和える。

オムレツのおかげで料理の見栄えがよくなり一石二鳥といったところだ。おいしそうな色をした玉子が食欲をそそる料理ってあるよね。炒め物だったりあんかけだったり……。

卵がレシピにあればオムレツの練習をするチャンス

最後に目玉焼きを割り入れる料理なんかはオムレツに代えるというのも一つの方法だ。たしかに軽く火を通した目玉焼きのとろっとした黄身が具材に絡むのはなかなか捨てがたいが……。

それから親子丼なんかもいいかもしれない。中がとろとろのオムレツが作れていればなかなか使い物になると思う。

あとはパスタとか焼きそばとか……。

レシピサイトで卵を使う料理を検索し、料理写真を見ていると他にもいろいろ見つかるだろう。とにかく、卵がレシピにあればオムレツの練習するチャンスがあるかもしれない。

まとめ

いかがだっただろうか。オムレツの練習をする機会をどのようにして増やしていけばいいのか。簡単にまとめる。

オムレツを作り、それをオムレツとして食べるばかりではなく、料理に使えるものと考えるとその機会は増える。卵がレシピにあればオムレツの練習するチャンス、ということを頭に入れておくといいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です